便秘とは、生活習慣や食生活が原因で起きる症状の一つです。内臓疾患などが便秘を引き起こしていることもありますが、ほとんどの便秘は食生活や生活習慣を改善することによって、便秘も軽減することができます。

 

便秘がどんどん進行してしまうと、大腸の中で便がどんどん圧縮されて乾燥してしまうため、自力で排便することも難しくなってしまいます。そうなってしまうと病院で摘便をしてもらわなければいけなくなってしまったりするので、できるだけそこまでひどくなる前に便秘を解消することが必要です。最近では慢性的な便秘で悩む人も増えていて、内科で便秘の相談をする人も少なくないのだとか。便秘の治療には、どのようなものがあるのか、気になりますよね。

 

便秘で病院を訪れると、まず最初に食生活を改善するように指導されます。便秘解消のためには、食物繊維やミネラル成分、そして水分を豊富に摂取することが大雪。それと同時に、適度な運動をすることによって腸の活動が活発になるので自然に排便できるようになるので、食物繊維などのサプリメントを処方してもらうことも多いようです。市販されている下剤を使って排便している人もいると思いますが、作用が強すぎたり副作用が強かったりするので、あまりお勧めではありません。

 

食事を改善すること手便秘が解消されない場合には、下剤を使った治療が行われます。下剤にはベンコールやラキソベロン、センナ、ひまし油、そしてポリエチレングリコールなどの成分が使われることが多いようですが、それぞれに作用や副作用が異なるので、医師と相談しながらいくつかトライしてみるとよいでしょう。

 

これらの治療でも便秘が解消されない場合には、定期的に浣腸を行ったり肛門機能を活性化させるためのバイオフィードバック療法というトレーニングを行ったり、または薬物療法なども行われます。大腸が機能していない場合や、機能していてもスローすぎて排便できない場合などには、腸を切除する手術が行われることもあるようです。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!