慢性的な便秘になってしまうと、少しぐらい日常生活を改善したぐらいではなかなか便秘を解消することができません。しかし、慢性的な便秘だからといって便秘薬に頼ってしまうのも良くありませんよね。そんな時には、便秘解消効果が期待できる体操にトライしてみてはいかがでしょうか?

 

便秘解消効果が期待できる体操は、毎朝、布団から出る前に寝ている状態で簡単にさっとできてしまう体操がおすすめです。寝ている時には腸などの消化器官もすべてお休みしていますが、起床すると同時に消化器官の活動も始まります。朝に便意を感じる人が多いのも、そのため。その人間の体のサインを上手に利用しながら便秘解消体操をするのがベストなのです。

 

便秘解消体操をご紹介しましょう。

 

・バタ足
布団の中でうつぶせになり、両手は顔の下に置き、膝を伸ばしたままでプールでバタ足をしているような感じで足をバタバタさせましょう。10回ぐらいのバタバタでも十分に腸の活動をアクティブにすることができます。

 

・つまさきを見つめる
あおむけの状態で寝たまま、両腕を組んで頭の下に置いてください。その状態で、つま先を見つめるような感じで頭だけを少し持ち上げてください。目が覚めたばかりの状態なので、あまり無理に首を動かすのはNG。できるだけ腹筋に力を入れるような感じで上半身を軽く持ち上げるように行うのがポイントです。

 

・コで起きる
寝ている状態からいよいよ起き上がるときには、手足をまっすぐに伸ばしたままゆっくりと起き上がりましょう。ちょうど布団の中に座っている状態で、カタカナの「コ」を描くように起き上がれたら理想的です。

 

これらの便秘解消は、筋トレのように激しい運動をするわけではありませんし、かかる時間も3分から5分程度と短いのが特徴。汗をかくわけでもないので、目覚めてから布団から出るまでの間に軽くこなしてしまうとよいでしょう。便秘解消体操は、腹筋あたりにある腸をストレッチすることで活動しやすくしてあげる効果が期待できます。ぜひお試しくださいね。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!