便秘になると、お腹がパンパンに張ったような感じになったり、お腹が痛くなったり、腸の部分に通常では怒らない症状が現れたりすることがあります。こうした症状を感じると、自分自身でも「トイレにいかなきゃ」という気持ちになりますから、トイレに行って頑張って出そうと努力すると思います。

 

しかし、便秘の症状は腸ではない部分に出ることもあります。その一つに「吐き気」があります。

 

便秘と吐き気、なんだか順番が逆のような気もしますし、あまり関係なさそうな気もしますよね。しかし、便秘が進行してしまうと、便秘による吐き気の症状が出ることも少なくないので注意が必要です。

 

便秘になると、腸の中から老廃物や毒素などが排出されなくなってしまうため、腸内にはこれらの不要物がどんどん蓄積されていきます。慢性的な便秘になってしまうと、腸の中が老廃物でいっぱいになってしまい、腸内に毒素をためておく空間がなくなってしまいます。

 

そうすると、体の外に出せない老廃物は、消化器官を逆戻りしていくことになってしまうのです。それと同時に、脳から「腸がいっぱいです」という信号が送られるため、胃などの消化器官も、それ以上腸に食べ物を送ることができなくなります。つまり、食事で体内に放り込んだ食べ物が、胃でストップしてしまうことになるわけです。

 

それが、吐き気の原因となります。便秘が進行すると腸内で毒素や老廃物が腐敗して、強烈な有毒ガスを発しますが、そうしたガスは、おならとなって体外に排出されるだけでなく、体内を逆流して胃まで戻ってくることもあります。そのガスも、吐き気の原因となります。

 

軽い便秘なら、あまり吐き気という症状が起きることは少ないようです。しかし、慢性的な便秘になってしまっている人や、頑固な便秘が長く続いている人などは、こうした吐き気が起きることもあるので気を付けましょう。

 

便秘による吐き気には特徴があり、慢性的に吐き気を感じていたり、一日に何度も吐いてしまうようなタイプの吐き気が襲ってきたりします。こうなる前にぜひ自然な排便で解決したいですが、日常生活に支障が出てしまうほど症状がひどい場合には、医師の診察を受けて医療によって便秘を解消してもらうことも必要かもしれませんね。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!