秋の味覚を代表するフルーツのひとつでもある「柿」。おいしいので大好きという人も多いと思いますが、実は柿というフルーツは、健康や美容にとってはあまりプラスの効果が期待できないフルーツでもあります。便秘にも柿はプラスの効果が期待できるわけではないので、慢性的な便秘で悩んでいる人や、便秘になりやすい人などは、できるだけ柿をたべる 量を減らしたほうが賢明なようです。

 

どうして柿が便秘によくないのでしょうか?柿が好きな人にとっては思わず力が入ってしまいますよね。

 

柿には、渋み成分としても知られているタンニンが豊富に含まれています。このタンニンという成分には便を固くしてしまうという作用があるため、慢性的な便秘の人や、便秘がひどくて困っている人などが柿を食べると、さらに便が固くなって便秘が悪化してしまうようです。

 

「そういわれても柿が大好き」
という場合には、柿を食べながら、便秘解消効果のある食材なども一緒に食べることで、プラス作用とマイナス作用を相殺することもできます。たとえば、便秘解消効果のあるヨーグルトに蜂蜜、柿、プルーンなどを混ぜて食べるとか、工夫をすれば柿が便秘に及ぼすマイナス作用よりも大きな便秘解消作用を期待することもできそうですよね。

 

また、フルーツとしての生の柿にはタンニンも大量に含まれていますが、タンニンは干したり乾燥させたりすると効力がなくなるので、どうしても柿が食べたい場合には、干し柿を選んで食べるのも良いかもしれません。また、タンニンは渋み成分なので、渋い柿ほどタンニンも豊富で、甘い柿ほどタンニンは少なく含まれています。そのため、できるだけ甘い柿を選んで食べれば、タンニンの摂取量を抑えることができるので便秘を悪化させにくくなるようです。しかし、慢性的に頑固な便秘で悩んでいる人は、やはり柿はできるだけ避けたほうが良い食材であることには間違いないので、食べすぎには気を付けてくださいね。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!