慢性的な便秘を便秘薬で解消しようというのはおすすめではありません。しかし、どうしても自然排便ができないような場合には、便秘薬の力を借りてひとまず腸の中に蓄積されている老廃物を排出してしまうことも必要です。便秘薬と一口に言っても、その成分や働きによっていくつかの種類に分類することができます。便秘薬を選ぶ際には、どんな種類のものを使っているのか理解しながら選びたいですね。

 

・刺激性下剤
低下している腸の活動を再稼働させるべく、腸に直接刺激を与える働きをします。腸を活性化すると同時に水分分泌も促進してくれるので、柔らかい排便が可能になります。

 

・浸潤性下剤
便を柔らかくする効果がある便秘薬。水分不足で便が腸内で固くなってしまい、体の外に出てこれなくなっているタイプの便秘を解消する効果が期待できます。

 

・塩類・糖類下剤
ドラッグストアで市販されている便秘薬としてはあまり一般的ではありません。塩分や糖分の浸透圧を利用して排便を促進することができる便秘薬です。

 

・膨潤性下剤
便に水分を与えることによって膨張させ、体積を増した便が自然に排便できるような働きをします。

 

・自律神経作用薬
自律神経の働きを利用して腸の活動を活発にできる便秘薬です。

 

自分自身の便秘の原因が分かっていれば、どの タイプが自分に適しているのかを知ることができます。しかし、どの便秘薬を選んだらよいのかわからない場合には、医師の診察を受けたり、いくつかの便秘薬を試しながら、無理なく排便できるものを選ぶようにするとよいでしょう。日常生活にも支障をきたすほどの下痢になってしまったり、動けないほどの腹痛に襲われるような強い作用を持つ便秘薬なども市販されていたりしますが、あまり強烈なものは避けるようにしたいですね。
また、便秘薬は日常的に使うものではありません。できるだけ水分補給と適度な運動によって、自然な排便ができるように努力することも必要です。便秘薬はいざというときまで使わないようにしてくださいね。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!