便秘薬の中には、副作用が出るものもあります。どんな副作用が出るのかは、その便秘薬に含まれている成分などによっても異なりますが、比較的たくさんの便秘薬で起きる副作用の一つに、むくみがあります。

 

便秘薬の副作用として起きるむくみは、もともと冷え性だったりむくみやすい体質だったりする人ほど、副作用のむくみも強く出やすいようです。便秘薬の中には、むくみやすい人に適したものもあったりしますし、中には便秘を解消してくれるだけでなく、むくみも解消してくれる働きがある便秘薬などもあるので、むくみが気になる人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

もともと体のむくみは、体内に過剰な水分が蓄積されてしまうことが原因で起きる症状。便秘薬などのように薬でなくても、水分をいつもよりも多く取りすぎただけでもむくみが起きることはあります。便秘薬でむくみという症状が起きる場合には、体内に水分補給をすることで固くなっている便を柔らかくして体外に排出させる働きがあるタイプの便秘薬が多いようです。便秘薬にもいろいろな種類があり、腸内で水分分泌を促進してくれるものや、腸に水分を与えてくれるタイプなど、腸内に水分補給することによって排便を促してくれるタイプもあれば、腸に刺激を与えて強制的に活動を活発にするタイプなどもあります。水分を与えてくれるタイプの便秘薬は、お腹が痛くなったりするリスクがないので、マイルドに自然な排便を希望する人にはおすすめなのですが、むくみやすいデメリットもあるので、使用する場合には気を付けるようにしましょう。

 

便秘薬の副作用が強く出ている場合には、その薬の使用はやめたほうが良いと思います。しかし、もとからむくみやすい体質の人が便秘薬によってさらにむくみやすくなってしまったという場合には、体内の無駄な水分を体外に排出するべく、リンパマッサージをしたりすることで、浮腫みの症状を少し軽減することもできるようですよ。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!