腸内環境を正常な状態に戻すことによって、便秘や下痢など、腸の活発が原因となって起きる症状を軽減する効果が期待できるヨーグルト。ヨーグルトには善玉菌が豊富に含まれているので、便秘がちでない人でも健康食品としてできるだけ積極に食べたい食品です。

 

便秘解消のためにヨーグルトを食べる際には、これから腸の働きが活発になるであろう朝食の時間帯に食べるのが理想的です。ヨーグルトをそのまま食べても便秘解消効果が期待できますが、ヨーグルトの中にさらにはちみつやキーウィなどを混ぜることによって、便秘解消効果や美容効果なども期待することができます。

 

実は、ヨーグルト・はちみつ・キーウィの組み合わせには便秘解消以外の効果もあります。3日間以上出ていない頑固な便秘をすっきりと解消できるだけでなく、副交感神経を活性化させてくれる働きがあります。ストレスが原因で不眠になっていたり、デスクワークで座っている時間が多かったり、慢性的な運動不足人になっている人などにも是非お勧めです。

 

この3つの食材はどれもスーパーで購入できるものですし、簡単に手作りすることができるので、便秘や生活習慣病などを予防したい人はぜひトライしてみてくださいね。

 

それでは、作り方をご紹介しましょう。

 

ヨーグルトはプレーンなものを準備します。甘くておいしいタイプのヨーグルトや、味のついているモノなどは糖分が多すぎるのでできるだけ避け、善玉菌が豊富で無駄な糖分が少ないプレーンタイプのヨーグルトを使いましょう。ヨーグルトを1カップぐらい皿に乗せたら、その上にキウイを半分ぐらいの量にして載せます。そこに蜂蜜をスプーン一杯ぐらいかけて完成。蜂蜜の甘さでプレーンなヨーグルトでもおいしく食べることができるのが嬉しいですね。キウイや蜂蜜がヨーグルトの善玉菌と一緒に腸の中に放り込まれることによって、キウイと蜂蜜が善玉菌のエサになります。たっぷりのエサをゲットした善玉菌がどんな劣悪な腸内環境でも改善してくれるので、頑固な便秘でもスピーディに解消できるというわけですね。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!