妊娠中には、どうしても便秘になりやすくなってしまいます。そのため、普段よりも意識して水分補給をすることが必要です。水分補給と言っても、コーヒーや炭酸飲料、甘くて糖分たっぷりのジュースなどは、糖尿病やむくみなどを引き起こすので、妊娠中はできるだけ避けたほうが良い食材。日本文化に浸透しているお茶なら、普段の生活の中に上手に取り入れて、たっぷり飲むこともできそうですよね。

 

日本人はお茶を良く飲む人種なのですが、妊娠中には、できるだけカフェインが入っていないお茶、もしくはカフェインの含有量が少ないお茶を選んで飲むようにしましょう。お茶に含まれているカフェインといっても、大量に飲まなければ赤ちゃんにダメージを与えることはありませんが、ウーロン茶、緑茶などにはカフェインがたっぷり入っているので、妊娠中には避けたほうが良いかもしれませんね。

 

妊娠中にぜひおすすめのお茶もあります。

 

・麦茶
・そば茶
・ほうじ茶
・十六茶
・黒豆茶
・たんぽぽ茶
・杜仲茶
・ルイボスティー

 

などは、含まれているカフェインの量も少なかったりノンカフェインだったりするので、妊娠中でも安心してたっぷりと水分補給できるお茶です。その中でも、便秘を解消してくれる効果が期待できるお茶は、「たんぽぽ茶」と呼ばれるお茶。なかなかマイナーなお茶ですが、カフェインがゼロというだけでなく、妊娠中に不足しがちな鉄分などのミネラル、そしてビタミンなども豊富に含まれているので、それらの成分が腸内に入って善玉菌の活動を活発にしてくれるという効果があります。また、妊娠中に妊婦さんにも胎児にも必要な栄養素が豊富ですから、健康食品として飲むのも良いでしょう。

 

たんぽぽ茶は、健康食品や便秘解消食品が充実しているドラッグストアなら、もしかしたら見つけることもできるかもしれません。しかし、なかなか見つけるのが大変なので、ネットショップを利用して購入するのが便利かもしれませんね。

 

アマゾンでお得な便秘解消商品を探す!

 

便秘対策商品 当サイト人気ランキングを見る!